FC2ブログ
2010.12.20 戸塚駅東口の車
TO1.jpg
神奈川中央交通 と1
撮影場所 戸塚駅東口(横浜市戸塚区戸塚町)

まず撮影できるのは、次のとおりになります。

神奈川中央交通 舞岡(お)、戸塚(と)、横浜神奈交バス
江ノ電バス横浜 鎌倉営業所、横浜営業所

まずは神奈川中央交通で大半が舞岡営業所の車で
戸塚の車については、三ツ境、弥生台方面のみの形になる。
ただ、99年のブルーラインの開業までは、三ツ境方面の路線は
舞岡の受持で戸塚駅東口に来ていたのは、それ以降になるので
1999年以前は、戸塚駅東口の路線は舞岡の独湛場となっていた。
更に舞岡の受持の特徴としては車番がお0XXとかで始まるものがある。
この0で始まっているものは基本的に神奈交委託になっている。

次に車両面で舞岡にしろ、戸塚にしろ基本は三菱である。
この中で変わり種の車といえば、戸塚に配属されているAA274の標準尺と
ゲテモノノンステの標準尺車、舞岡についてはBRCハイブリッドが上げられる。
神奈中の標準尺ノンステについては、多摩と相模原で見られる程度で全般的にはさほど
多くはないと考えたほうが良いと思われます。
言い方が悪いそうであれですがふそう車の巣窟と化している舞岡や戸塚にも
昔は、日野やいすゞ、UDが入っていた時期もありました。

次に江ノ電ですが、ぶっちゃけなんでもありな形です。
鎌倉については基本はふそうですが、1994年までは富士7Eでの導入で
1995年以降から純正での導入になりました。
また、まれにいすゞ車の導入もありました。
団地路線を多く持つので基本的には長尺での導入が多い形になりますが
一時期は標準尺での導入となっていました。
横浜営業所については、明治学院大学方面の平日の一運用を受け持っている形で
車種の方は基本的に大型が多いとポ思います。車種はUDが中心になっているかと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://what1028.blog52.fc2.com/tb.php/1621-7f9e1790